グラボGTX1080Tiを購入したので旧グラボと比較レビュー! | ばねせんどっとこむ
投稿者: るっち  記事のカテゴリー: PC

グラボGTX1080Tiを購入したので旧グラボと比較レビュー!

今回の記事では新たに購入してきたグラフィックカード、GTX1080Tiについて触れていきたいと思います。

CPUは残念なことにi7-4770。これを前提に読み進めて頂ければと思います。

GTX1080Ti

新しく購入を決めたのはGTX1080Tiという、VR環境でも利用できる2017年現在のハイエンドグラフィックスカード。

お値段はもう少しで6桁に届きそうな、ベンダー次第では10万円台にもなっているGPUです。

下手をするとこれ一枚でビジネス用途のPCならそこそこのものが買えてしまいます(汗)

るっちがGTX1080tiの購入を考え始めたのは先日の2017サマーセールで購入したWatch_Dogs 2というゲームがキッカケでした。

これまではミドルエンドクラスのPCでも特に不都合など感じる事は無かったのですが、ことウォッチドッグス2に関してはこのままじゃダメだ!と思わされてしまうほど、高スペックを要求されてしまったのです。

旧グラボはGTX770を使っていた

GTX770はもう随分と前のグラボで、PCパーツとしては長らくお世話になり現役としても活動出来るのですが。

PCパーツの世代交代は早い。耐久度の問題ではなく、物理的に壊れてしまうよりも早く、更なる高みのハイスペックを常に要求されてしまう宿命にある。

(ゲーマーだけ)

ゲームさえしなければそれほどのスペックは全く必要ない。その最たるものといえばバーチャルリアリティー、そうVRの世界だ。

ハイスペックグラボやハイスペックPCは、VRの世界を楽しむための入場パスと言える。だが私はまだVRHMDを所有していない。狂おしいほどにプレイしてみたいゲームが登場した時には是非ゲットしたいところです。

Oculus Riftを購入しました。

開封の儀

GTX1080箱

精密機器なのでたいそうな梱包によって我が家にやってきた。

夜に注文してしまったので、営業日翌日に出荷からの輸送、翌々日にはもう自宅に届きました。午前中に注文していたら翌日には手元に届いていたはずです。素晴らしき物流を誇れる日本です。早すぎ

右上にVR READYと表記がある。VRもいけまっせ、という証のようだ。

私はベンダーをMSI社のものを選択した。MSIかASUSで迷って、ASUSレビューではサイズがとても大きいというレビューを見かけた為、自身のPCに収まるかとても不安を感じたので、という理由です。

GTX1080Ti本体

どっちにしても大きいっちゃ大きい!!

開封した時に正直「やっちまったか」とも思いました。GTX770などをこれまで使ってた人間なので、想像以上の大きさにビビる。

Zero Frozrと表示されているフィルムで分かる通り、MSI社のGTX1080Tiには静音性が優れたファンを搭載しています。本当に静か。まるで動いていないかのように!(実際動いていない)

高負荷時にのみ動作するファンなので、普段は本当に静か。高負荷時でも静か。

さっそくPCに取り付けようとすると、真直ぐ垂直に挿入しようとしても無理でした。

斜めにスライドインさせながら、インターフェース目前で切り返し正しい角度に。なんとか無事、私のPCでも収める事ができました。たぶん、もっとうまい方法があるんだと思うw

GTX770幅
※これはGTX770です

GTX1080Ti幅
※GTX1080Ti(msi)の厚み

若干分厚い!SLIなどを考え出した時にはとても大きなタワーが要るんですね。今後のPC新調時にはよく考えないと。

補助電源ギリギリ

HDDやSSDを収めるベイエリアにスレスレ?もうぶちあたってる?端の方に補助電源コネクタが横並びに配置されていたので、挿せなきゃアウトでした!

前回のGTX770をBTOで(G-GEAR)購入した時には、8ピン+6ピンの補助電源だった為、組立の際に片方を6ピンにしてくれていました。(2ピン分だけ取り外しが可能だった)

今回のMSI社のGTX1080Ti(GTX1080Ti GAMING X11G)はTSUKUMO ネットショップで購入しました。G-GEARも同じツクモさんです。

今回購入したGTX1080tiに必要な補助電源は8ピン+8ピンだったので、これもあっ。と思いましたが、上記の通り。8ピンに戻してあげて無事接続完了!

補助電源のコネクタを6ピン⇒8ピンに変更する為の変換ケーブルも同梱されておりましたよ。8ピンと6ピンしか残ってない!みたいな方も安心ですね。

補助電源変換コネクタ1

6ピンを8ピンへ

電源は750Wのものを継続して利用しています(GTX1080Tiは600W以上を推奨されている)

特殊環境の一部ベンチマーク

さて、気になる性能の向上ぶりを認識する為に、GTX770時のベンチマークを予め実行しておきました。

特殊環境と言いますのも、当ブログ管理者るっちの現環境ではCPUがi7-4770無印を利用しており、確実にボトルネックとなって、通常はありえない組み合わせだからです。CPUが足を引っ張っています。

本来であればCore i7-7700Kあたりを搭載しておくべきなのですが、ソケットの違いによってCPUを変更するとマザーボードも。マザーボードを変更するとメモリも。と連鎖的に変更が必要になってしまい、もうPC新しく買った方が早い、みたいな事になってしまう為です。予算も振り切ってオーバー。

また、利用中のディスプレイもフルHD(1920*1080)までの商品を利用していることも特殊環境と言えるでしょう!グラボの変更を機会に、ディスプレイもWQHD以上のものに変えてみたいところでもあります(壊れたら)

よって今回の記事内のベンチマーク結果には、フルHDよりも高い解像度のテストは出来てません。

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット
Intel(R) Core(TM) i7-4770 CPU @ 3.40GHz
16321.406MB
NVIDIA GeForce GTX 770 (VRAM 2017 MB)

GTX770

FF15紅蓮の解放者ベンチマークスコア:7822

FF15ベンチGTX770

スコア7822ですが一応非常に快適扱いなんですね。

3DMark11(Performance:720p)※非Extreme(1080p)

3DMARK1ページ

3DMark11p-2

3DMark11-p-3

スコア10222。有料版は利用しておらず、フルHDによるベンチマークでも無い為に参考にはならないかもと思いながら回しました。同ベンチマーク利用者の中で65%の他の結果よりは良いという位置にいます。

SteamVR Performance Test
SteamVR PT1

VRは可能だけど。信頼性に乏しく酔いやすくなるような表現となりそう。満足には利用出来ない状態。

グラボのみをGTX1080Tiに変更、その他環境は全く同じで、ドライバのみ最新に更新

GeForceドライバ更新

さて結果はどう変わったのか。

GTX1080Ti

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット
Intel(R) Core(TM) i7-4770 CPU @ 3.40GHz
16321.406MB
NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti (VRAM 11117 MB)

・FF15紅蓮の解放者ベンチマーク
FF15bench2

スコア:7822→15158

とてもスコアが上がったように見えますが、CPUが良ければ更にアップしているはずです。言い始めればキリがなく、メモリもダメだし、マザーボードも交換が必要です。グラボの変更の影響が一番大きいのは明らかですね。

・3DMark11(Performance:720p)

3DMark11-p-1-2

3DMark11-p-2-2

3DMark11-p-3-2

スコア:10222→21888

同ベンチマーク利用者の結果のうち97%よりも良い状態にまで引き上げられました!

・SteamVR Performance Test
SteamVR PT2

「可能」バーの左側に居たPCが、レディ右端近くにまで飛躍しました。

CPUはこのままでもVRは満足にプレイ出来そう?ではありますね!VRHMDは持ってませんけど!

CPUというよりはグラボのテストみたいな説明書きあります。

実際のゲームで確認

Watch Dogs2の景色や高速ドライブでの違い確認するためそれぞれのグラボで少しプレイしてみました。

GTX770

利用可能なグラフィックスメモリは2GBまでなので、Watch Dogs2では満足できる設定には到底及びません。特にテクスチャ解像度を落とす必要があるので、せっかくのゲームのグラフィックが台無しです。

GTX1080Ti

グラフィックスメモリは11GBなので、全ての設定を最高まで引き上げても半分くらいお釣りが出ましたw

車の光沢とかを見てもその差は歴然としている・・・。

GTX1080Tiは噂に違わず凄かった

お値段だけの事はある。

今度の散財では是非VRヘッドマウントディスプレイを手に入れたい!

★OculusRiftは公式サイトで、touchとセットで50000円です。(2017/11/7現在)

ルームスケールはあまり要らないという場合におすすめ。

公式サイト:
https://www.oculus.com/rift/

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。