【解決済】KOMPLETE KONTROLキーボードが認識されなくなった問題を解決。インスタンス、NAVIGATEボタンが押せない光らない。 | ばねせんどっとこむ
投稿者: るっち  記事のカテゴリー: 音楽PC

【解決済】KOMPLETE KONTROLキーボードが認識されなくなった問題を解決。インスタンス、NAVIGATEボタンが押せない光らない。

Kontrol Sシリーズトラブル解決

KOMPLETE KONTROL Sシリーズキーボードが動作しない問題についての記事です。

2019年2月頃にキーボードが認識されなくなったといった問題が発生した方は、緊急の回避方法が分かるかもしれません。完全な解決とはなりません。

原因はWindows10の累積更新

結論から述べますと、Windows10の更新アップデートが原因だったようです。

Windows10 Homeエディションを利用している筆者の環境では(Windows10 Version 1809)自動更新により「KB4487044」がインストールされていて、これによりKOMPLETE KONTROL-S49 MK1が認識されない状態となっていました。他にも同症状では「KB4487017」が原因となっている事もあるようです。筆者の環境では前者のみ入っていました。

KB4487044をアンインストールする事で再起動が求められ、KONTROL Sシリーズキーボードを接続した状態でしたが、再起動後にはこれまで光っていなかったPRESETボタンが光るようになったこと、デバイスマネージャーのエラーが消えた事、Kontrolソフトウェア(及びDAWソフトウェア上)でBROWSEボタンが正常に機能した事などを確認出来ました。

2019/3/10追記

KB4487044のアンインストールで動作していた方で、KB4487044が更新された履歴から存在しなくなった場合、OSビルドバージョンが進み2019年3月1日にリリースされた「KB4482887」(バージョン:OS Build 17763.348)が順次適用され始めていると思われます。(KB4487044のバージョンはOS Build 17763.316)

KB~が分かれば対応は後述するNative Instrumentsヘルプページと同様なので、問題となっているアップデートが見つけられなくなったら以下のページで確認をしてみるのはいかがでしょうか。

Microsoftヘルプページ2019年3月2日 — KB4482887 (OS ビルド 17763.348)を参照。

更新KB

以後、NI社(もしくはMicrosoft?)の対応が完了するまではバージョンが進む度に同じ症状が起きるのかもしれません。

緊急の対策である為、該当アップデートのアンインストール及び更新の停止を推奨するものではございません。自己責任でお願いします。

例えば更新をアンインストール後は修正対応が完了するまでネットワークに接続しないなど、各自でリスク回避を行うようにしましょう。(3/10追記終わり)

2019/3/14追記

NI公式サイト(ヘルプページ)及び、自身の動作確認より問題が解決された事を確認出来ました。3/12にリリースされたWindowsアップデート「KB4489899」の適用により正常にデバイスが認識されるようになります。

※Windows10の場合は解決しましたが、7,8のユーザーは引き続き問題は継続中とのこと。筆者は8以下の端末を所有していないので以下でご紹介する公式ページを確認しておきましょう。(3/14追記終わり)

3/18にNI社よりメールが届いており、Win7、8、10全てのバージョンで問題が解決されたとの事です。

Native Instruments公式サイトのトラブルシューティング(ハードウェアヘルプ)を眺めて、該当項目に最後の最後で気付いてしまった為に解決まで時間を取ってしまいました。

解決方法は上記リンクに全て詳細に解説されてありますので割愛。自身の検索の仕方(「KOMPLETE KONTROL S 認識しない」等)では、ピンポイントにトラブル解決のページを閲覧する事は適わなかったので、このページを訪れた方へうまく誘導できればと思い記事にしました。特に原因の更新(KB~)が特定できても、その対応の仕方が分からない方は上記のヘルプページを参照する事でアンインストールの方法まで解説を読む事が可能です。(一応、Windowsアップデートのアンインストールは非推奨ではありますがどうしても使えなくて困るという場合に。)

件の「KB4487044」については他にも元号の構文解析に不具合が生じるなどの問題も発生したとして既に話題となっていたようです。(こちらは特に手動で修正を行わずとも以降のアップデートにより既に修正が適用されています)

該当ページによれば現在NI社では問題の詳細は調査中とのことですが、デバイスの認識の妨げになっている事でWindowsの更新をユーザーがアンインストールしている状態となりますので、素早い解決が望まれます。

当ページ閲覧時期によっては既に上記トラブルは解消されている可能性があります。

トラブル発生とその状況

ここからは解決策とは異なり無駄に長いお話なので、特に閲覧の必要性は無いと思います。お暇な方はどうぞ。

筆者はNative Instruments社のKomplete 10 Ultimate(後に11へアップグレード。現在は12が好評発売中)と、Komplete kontrol s49キーボードをセット購入して保有しています。が、購入前後からほぼ作曲が出来ていません。

つい最近、久しぶりに起動して趣味として何か作ってみたい衝動に駆られ、昨日Komplete11をNative Accessからフルセットアップ。(500GBを超える空き容量が求められ、ほぼ丸1日掛かります)引き続き、Kontrolキーボードをインストール準備していた矢先の出来事でした。

デバイスマネージャーでも「!」のマークが付いているし、詳細>プロパティ>問題ありもtrue表示されていたり、エラーが出ていたり。でもエラーの文章を読んでも、エラーコードを検索しても問題が分からない。

時期によらない恒常的なトラブルシューティングも全て行ってみましたが、Komplete kontrolソフトウェアを起動で普段ならNAVIGATEゾーンにあるボタンが光っていたはずのところ、光ってもいないし押しても反応がない。

Cubaseを立ち上げてVSTインストゥルメントのKontrolを読み込んでも当然変わらないし、デバイス設定のリモートデバイスの該当箇所を消して再度追加してみたり。でも、MIDIキーボードとして使えてしまうので、サンプルの再生にタッチすると音が鳴ったり、かと思えば鳴らない音源もあったり。訳が分からない。

KONPLETE KONTROL SシリーズではMK1を買った後にMK2も出ていたようで、筆者は間違ってMK2用のドライバを更新し、ファームウェアアップデートが出来ない事で異変(筆者のデバイスはMK1だった)に気付き、それが原因となっておかしくなってしまったのかとか。本当に色々とはてなマークだった。

7から10といったグレードが変わるような変化の時には、ドライバが更新されるまで認識されない、使えないデバイスが出てくるだろうとか、そういった現象も起こり得るのだろうという意識はありました。

しかし、今回の場合はこれまでこのWindowsバージョンで使っていた事もあった製品が使えなくなっていたので、故障かな?とも頭をよぎったり。

実は昨日Vocaloid for Cubaseのインストール時にDVDドライブの故障に気付いて、内蔵DVDドライブを早速注文したばかり。

また機器が壊れたのかと。良いMIDIコントローラを購入したのにほとんど作曲していないよ?とw

筆者の場合は2/12の該当アップデート以降に再インストールをしようとして気付きましたが、インストール済みの方の場合でも、Windows更新後突然使えなくなったりしていたのだろうか。アップデートにより更新が適用されれば認識されなくなりますね。

公式サイトの見解よりTRAKTOR KONTROL S4 MK2、MASCHINE STUDIO、KOMPLETE KONTROL S-Series MK1(全モデル)の利用者にしか関係のないトラブルと思われるので、該当製品所有者かつ、未解決かつ、筆者のページが検索に引っかかって訪れてもらえるかは分からないので、お役に立てるかどうかは疑問の余地あり。

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。