神曲!Scarborough Fairが2017年に蘇る | ばねせんどっとこむ
投稿者: るっち  記事のカテゴリー: アニメ音楽

神曲!Scarborough Fairが2017年に蘇る

scarboroughfairpianoroll

今期放送のアニメに神曲が潜んでいました。

心が震える。皆さんは・・・

終末なにしてますか?
忙しいですか?
救ってもらっていいですか?

は?突然何言ってんだコイツ?と思われましたか?

実はこれ、2017年春アニメの1つ、通称すかすかと呼ばれているタイトルなんですね。めちゃ長いっすね。

原作は枯野瑛さん、出版社はKADOKAWA、レーベルは角川スニーカー文庫のライトノベル。

2016年4月に既にこのシリーズの原作は完結しており、現在は新シリーズが敢行中のようです。

アニメ挿入歌

話題のこのアニメの1話を数日前視聴していたおり、これまでに数多くのアーティストがカバーをしてきた名曲

Scarborough Fairのメロディが流れてきました。

アニメで聴けるのは恐らく1話のみ?今後も聴けるシーンがあるのかどうか。

原曲はもちろん今日まで聞いた事は無かったですし、かといってカバー曲を聴いた覚えも全く無かったのですが。

どこかで聴いた事があるような感覚を覚えたりはしませんか?

私が似たような曲調で覚えがあるとすれば、聖剣伝説シリーズに似てるのがあったのでしょうか。LoMあたり?サントラを所有しているので聴きながら記事を書いていますが、完全一致は今のところ見つからず。

それなのに、メロディが次にどこへ向かうのか、コードがどう進行していくのかが初見(聴)から完全に分かってしまう感覚に陥り不思議な気持ちです。前世ででも聴いていたのでしょうか!?

この感覚により私の心は震える・・・!

※5/25追記:CIV6(Civilization6)のゲームサントラに思いっきりアレンジ曲ありました(笑)何が前世や!めちゃくちゃ聴いてるがな!

楽器が2つ程足りないけど、アニメ版1話で放映分のサイズで耳コピをしてみました。

メロディの歌詞はボーカロイド「結月ゆかり」でアーアーだけです。

本物はかなり素敵な神曲なのですが雰囲気はこのような感じ・・・。

イギリスの民謡歌

Scarborough Fairはスカーバラの市、市区町村のシではなく市場とかのイチ。

イギリスのバラッドと呼ばれる音楽ジャンルの古い民謡歌です。

アニメの挿入歌が流れるシーンでもクレジットにて作詞/作曲:イングランド民謡と記載されています。日本の民謡にも作詞作曲不明というものがよくありますよね。それと同じです。

編曲(アレンジ)は加藤達也さんです。

バラッドはフランス語に相当する単語としてバラードがありますが、厳密には別物。

バラッドの特徴として物語調になっていること。

文字が読めない人々の暮らしの中であっても、歌であれば伝承的に語り継ぐことができ、事実や史実を歌にして詩が語り継がれてきたといわれています。

後にアメリカで生まれたブルースは、農業などの労働を担う人々の労働歌(フィールドハラー)と、ヨーロッパ系の人々が持ち寄ったバラッドが融合して生まれた音楽ジャンルだと言われています。

バラッドは反復・リフレインが多用され、例としては近代においても有名なイーグルスの名曲『ホテル・カリフォルニア』もこのバラッドの要素を多く含んでいます。

(1曲ずつ購入¥250)

ホテルカリフォルニアも超名曲なのですが、今回はScarborough Fairのお話。

多くのバージョンの歌詞

サイモン&ガーファンクルのアレンジで一躍有名になり、これは透明感のある男性シンガーの声で歌われていました。

リフレインする部分の歌詞では

彼女はかつての恋人だった”

の主語にあたる部分は、山田タマルさんが女性シンガーな為?

”彼はかつての恋人だった”

と、全て女性目線の歌詞に変わっていたり。

歌詞に関してごく一部を変えてアレンジされるのが通常なようです。

しかし基本はリフレイン、パセリとセージとローズマリーとタイムは欠かせない。

ここだけは揺るぎない。とても大事なハーブの一節のようです。

歌詞の前後のつながりからこれらのハーブを列挙する事に意味は無さそうで、アレンジによっては4種のハーブではない場合も。

例えば韻を踏むように、Thyme(植物)がTime(時)に変わってるアレンジもあったり。英語苦手な日本人的にはどちらも同じですが!w

アニメ公式PV

アニメ公式PVがありましたが、残念!PV中の挿入歌『Always in my heart』もかなりの名曲、いやむしろ目から汗が出るような神曲ですが、今回私の心が震えたのは前述のもう一曲の挿入歌。

わかっています。人によってはこちらの方が好きという方もおられるでしょう。どちらの曲もどこかのエリカ様のように「別に」という感想の方もおられるはず。それが人の嗜好というものです。人それぞれ。

楽曲は発売中!

すかすかアニメ公式サイト:
http://sukasuka-anime.com/music/#music_soundtrack

すかすか公式サイトのMusic > Soundtrackの項目にサウンドトラック「青い記憶」の情報が有り、

品番:LACA-9522~9523
価格:3,300円(税抜価格)
収録内容:全BGM、OPとED各TVサイズ、
     挿入歌各種
音楽:加藤達也
歌:田所あずさ、TRUE、山田タマル

引用元:上記公式サイト様
© 2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫

歌:山田タマルさん、収録内容:挿入歌各種の記載があるのでサウンドトラック内に神曲が含まれていますが

発売予定が2017年7月12日(水)でまだ先なんですね~・・・。

サウンドトラックは発売中!

アニメ中の他の楽曲も素晴らしいものが多く、今期一超おすすめのサントラとなりそうです。(上記はCD版)

後で他の曲も欲しい!となれば割高となってしまいますが、1曲ずつのお買い求め(ダウンロード版)もデジタルミュージックより可。

 

楽曲の一部視聴も出来ます。

もちろんダウンロード形式のアルバムも有り!

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。